家づくりの知識
家づくりの知識
家づくりの知識 > 土地を探す > 依頼する前に

建築設計に取り掛かる前に調べておきたい事項

目   次

なぜ、法務局調査・建物履歴が必要か

法務局調査

敷地の地番・求積図・面積が判る。
建物履歴が分る。
建物の歴史が解る。建物の用途が分る。職業が分る。建物の利用方法が分る。
土壌汚染の可能性が分る。

 

なぜ、敷地調査が必要か

道路

道路管理課調査
道路の種類
道路明示の必要があるか、ないかがわかる。
建物を建てる敷地には、道路が必要である。
4m以上の道路が必要である。
最低でも、2(1.8)m以上あること。
4m以下の道路にしか接していない土地は買わないこと。
道路後退が必要、建築対象敷地面積が減る。
建蔽率・容積率が減る。
道路に、マンホールがあれば、下水が通っている。
電柱・電話柱の位置
交通量を調べる。
公害対策、騒音、振動、ガレージ等について考える。

敷地境界

敷地境界の確認ができる。
敷地面積の測量・確認ができる。

敷地周辺調査

周辺の状況がわかる。
取り入れたい景観、景色について考える。
隣地の状況がわかる。
利用したい、敷地状況、敷地条件について考える。
方位がわかる。
陽当たり、省エネ対策について考える。
敷地の高低差が分る。
高低差があれば、建築費は高くなるが、高低差を利用する、面白さがある。
敷地内に、電気・ガス・水道・汚水枡・敷地内雨水側溝があるかないか。
電柱の位置で、電気の引き込み方が決まる。
隣地の上空を通過しないように、電気を引き込むこと。

ガス

水道の引き込み管の径を調べる。
敷地所在地の最寄の水道局で調べる。
20mm以上の管径であること。
敷地内に汚水枡がなければ、汚水排水管の引き込み、汚水枡の設置等が必要である。

上記のことは、すべて、建築計画や建築費用に影響を与える。
なければ、建築費用が高くなる。

 

地盤調査

地耐力があるかないか、最低でも、木造2階建で、5トン位の地耐力はほしい。
地盤調査会社に依頼すること。
家の重さを、支える力が、地盤・土地にないと、いくら立派な家を建てても、
傾いたり、倒れたりする。
地耐力がないと、地盤改良が必要になる。
建築費用が高くなる。

 

行政・役所調査がなぜ必要か。

建築を規制する法律・条例を、定めているのは、国・役所である。
都市計画課・建築課等
敷地の規制がわかる。
敷地の用途地域がわかる。
住居・商業・工業地域等
防火地域、準防火地域等
風致地区・宅造禁止地区
埋蔵文化財・都市計画道路等がわかる。
建築確認の前に、色々な手続きや許可申請が必要である。
時間と費用が掛かる。
設計事務所に調査依頼すること。

やる気になれば、自分で調べることは、可能です。
自己所有地が良くわかる。
費用も安上がりです。
これだけのことを、自分で調べておくと、建築関係者も一目おきますよ!
トラブル回避の予防建築に繋がります。

※地方行政機関のホームページへ →  「地方行政機関」
 

建築確認

建築確認に必要な書類
建築確認申請書
正・副・消防・控2通

必要図面
・特記仕様書・仕上表

・付近見取り図・敷地断面図・求積図・各階平面図・東、西、南、北立面図
・長辺、短辺断面図・矩計図
・基礎伏図・各階床伏図・屋根伏図・軸組図

・シックハウス対策
・換気計画各階平面図・換気計算書

・地盤調査報告書・地耐力証明書

・使用材料証明書

 
広告