家づくりの知識
家づくりの知識
家づくりの知識 > 家を建てる > 図面の意味と理解

図面の意味と理解

設計とは「設計図書を作成すること」でした。
では、「設計図書」とは一体何を指すのでしょうか?果たして図面だけなのでしょうか?
目   次

図面 設計図書

設計とは「設計図書を作成すること」でした。では、「設計図書」とは一体何を指すのでしょうか?
果たして図面だけなのでしょうか?
結論から言いますと、 設計図書は以下のような分類になります。

設計図書

一番上にある設計図とは、その名の通り図面のことです(詳しくは後半で述べます)。
設計図書には図面以外に仕様書と現場説明書、質問回答書が含まれます。
これらが一体どういったものであるのかを順番に説明していきましょう。

仕様書とは

仕様書とは、建築工事における材料の種類、品質、検査方法、施工順序、施工方法などが記されたものであり、施工にとって必要なものです。
標準仕様書とは、世間一般に広く伝わっている一般的な仕様書のことで、全ての施工について一般的なレベルのものが記載されています。

特記仕様書

特記仕様書は標準仕様書に記載されていない、「その物件だけの特別な」仕様書です。
本来であれば図面に全ての情報を盛り込む必要があるのですが、どうしても図面に書き表せないような情報などについて、特記仕様書という形で文書化するわけです。
ですから、全ての内容について記載されているわけではなく、例えばその住宅のコンクリートの検査方法が共通仕様書と異なる場合にはコンクリートにおける検査方法について特記仕様書が記載されることになります。

現場説明書や質問回答書

現場説明書や質問回答書は 設計図と仕様書を受け取った施工者がそれでもまだ不明な点について、設計者に質問し、設計者がそれらに関して現場で説明した内容が記載されたものになります。

図面順位

以上から、施工者にとっては、設計図書における優先順位は、“質問回答書→現場説明書→特記仕様書→設計図→共通仕様書“ということになります。
設計図における各図面の意味や理解の方法では、設計図書の中でも主要な位置にある設計図(いわゆる図面)について見てみましょう。
注文住宅などで、設計者に設計を依頼した場合、相手が作成して持ってくる図面がきちんと揃っているかどうかを必ず確認してください。
必要な図面は建築物の構造や規模、設備グレードなどによって異なってきますが、どのような建築物であれ必要な図面というものがあります。
構造図や設備図についてはかなり専門性が高くなりますので、その意味や内容を詳しく知る必要はありませんが、「サボらずきちんと作成されているのかどうか」くらいはしっかりと確認してください。
設計の初期段階、つまり基本設計段階での打ち合わせでは、敷地求積図、配置図、平面図、立面図、断面図などが用意されるはずです。
また、場合によってはイメージを掴んでもらおうと透視図を用意されるかもしれません。
残りの図面については基本的な設計内容が確定し、実施設計段階に移行してから作成されるものであると思ってください。
以下、全般的に必要とされる図面であり、見方を知っておいたほうがよい図面について、個別に見ていきましょう。
まずは基本設計段階で用意される以下の図面です。

※さらに詳しく →  「施工業務」設計業務
 

各図面の意味と理解

敷地求積図

この図面が作成される目的は、敷地の面積を求めることです。
従って、基本的に建築物については何も描かれないというのが一般的です。
建築基準法における建蔽率や容積率は、ここで算出された敷地面積を基に計算されます。
(設計者が算出し、行政も図面における面積の数値を確認する)ので、大変重要な図面ということになります。

敷地求積図の例と見方   Jww形式図面(詳しい操作はこちらへ

配置図

配置図は、敷地に対する建築物の位置関係を表す図面です。
敷地と建築物の外壁との距離はいくらであるのか、敷地の面積に対して建築物がどれくらいの割合で建っているのか(建蔽率)等の情報の根拠となります。
また、下水処理など、周辺環境との関係を入れ込むこともあります。
なお、1階平面図と配置図を兼ねることがありますので注意してください。

配置図の例と見方

平面図

建築物の平面的な断面図です。
マンションの広告に掲載されている間取り図をイメージされると良いかもしれません。
ここで確認すべきことは、大まかな間取りと部屋の大きさです。
但し、やはり平面図も立派な図面ですので、寸法等、かなりきっちりとした情報が盛り込まれることになります。
しっかりとした図面になっているかどうかを確認しましょう。

立面図

建築物の立面的形態を表した図面です。
平面図は部屋の広さや間取り、部屋と部屋との間の関係を表すのに対し、立面図は建築物の見た目に大きな比重が置かれています。
実際に完成した建築物は立体的に見られるので、立面図がいわば建築物の外観を表したものであると言えます。
この図面では、立体的なイメージと共に、窓やドアといった開口部の大きさ等に関して、平面図と並べて検討するようにしてください。

立面図の例と見方

断面図

建築物の縦方向の断面図です。
平面図が建築物を上から見て切断した断面図だとすれば、断面図は建築物を横から見て切断した断面図ということになります。
この図面が必要な理由は、平面図で表すことができない“高さ方向の”情報を表すことにあります。
つまり、各階の階高(ある階の床からすぐ上の階の床までの高さ)や天井高(ある部屋の床からその部屋の天井までの高さ)といった情報を記入するためのものです。
また、建築物自体の高さを表すことで、建築基準法の規制に関して検討するといった役割もあります。
こちらも立面図と同様、平面図と並べて検討するようにしましょう。

断面図の例と見方

透視図(及びその他の表現手法)

一言で言えば、建築物の完成イメージです。
立面図や断面図ではどうしても3次元の立体的な雰囲気や奥行き感が伝わらないものです。
そこで透視図を用いて、建築物の立体的なイメージや陰影などを表現し、今の設計内容の完成イメージを伝えることが可能となります。
厳密に言えば、透視図は建築物の完成という目的のためには必要のないものですが、建築主と設計者の間で完成後のイメージを共有しておくことは、完成後のイメージ違いといった後々のトラブル回避につながります。
最近ではパソコンの普及によって、透視図をCG(コンピューター・グラフィックス)で作成する設計者も増えてきました。
一昔前の手書きの透視図よりも大変リアルなものもあり、中には写真と見間違うほどの出来のものも存在します。
また、CGを用いて平面図や断面図を立体的に表現してみるなど、デザインにこだわる設計者の中にはこの部分に力を注ぐ人も多いようです。
ここで知っておいてほしいことは、これらを見ながら完成後のイメージやデザインなどについて設計者と検討する、ということだけではありません。
実はこれらを作成するには大変な時間と労力がかかっているのです。
透視図の作成に対する過度な要求は、設計者にとってかなりの負担になってしまうということだけは知っておいてください。

透視図の例と見方

詳細図(平面詳細図、断面詳細図)、階段等部分詳細図

基本設計で描かれた平面図や断面図を、より詳細に描き表したものです。
例えば、基本設計段階であればダブルライン(二重線)で表されていただけだった壁も、平面詳細図になると具体的な壁の厚みや断熱材が記入されるようになります。
また、階段部分など、特別に詳細な図面が必要とされる部分については、部分詳細図が作成されることになります。
但し、これらは主に施工者向けの図面であり、「ここまで描いたのだからこの図面を見れば工事ができる」というレベルが求められます。
従って、しっかりとこの図面を作成しているのかどうかを確認することのほうが重要です。

詳細図の例と見方

展開図、天井伏図

サイコロの展開図のように、各部屋の壁を並べて描いたものが展開図、各部屋の天井を描いたものが天井伏図です。
これらは開口部やスイッチの高さ関係、天井のエアコン位置などを表すために作成されます。
念のために各部屋の展開図や天井伏図を確認し、打ち合わせと相違がないかを確認しましょう。

展開図や天井伏図の例と見方

建具表

建具表は、どの種類の建具がどこに使われているのかを表した一覧表です。
施工用のものですが、実際に打ち合わせで確認した製品や形状と異なっていないかだけは確認しておくことをお勧めします。

建具表の例と見方

これら実施設計段階に作成される図面は、素人が見てもよくわからないものばかりです。
これは基本設計で作成される図面が建築主や行政を対象に描かれているのに対し、実施設計で作成される図面が施工者を対象として描かれているので、むしろ当然のことと言えるでしょう。
しかし、分からないからといって全く見ないということをせず、打ち合わせと異なった部分がないかをしっかりと確認し、不明な点があれば遠慮なく設計者に説明を求めることが非常に重要です。
しっかりとした設計者ならば、ここでしっかりと説明してくれるはずです。
また、この段階で作成される図面はそのまま施工で用いられることになります。
間違ったままであってもその通りに施工されてしまいますので、後で取り返しのつかない状況にならないように、できるだけ早い段階で確認するようにしましょう。
さらにもう一点。
ここで気をつけることは、金額についてです。
この時期は、金額に関する重要な時期となる可能性が非常に高いのです。
混乱しないようにしっかりと状況を把握するようにしてください。

実施設計を終えると金額オーバー!?見積もりの謎

 
広告