家づくりの知識
家づくりの知識
家づくりの知識 > 家を建てる > 上棟式

上棟式

目   次

上棟式とは

建築主の主催により、工事関係者を慰労し、これからの無事と完成までの順調な進行を関係者にお願いするのが上棟式です。
大安吉日に行います。

 

上棟式の意義

上棟式も地鎮祭と同様、神様に対して行われる祭儀なのですが、地鎮祭がその土地の神様に対してなされるのに対し、上棟式は建築の神様に対してなされるものです。
最近では、神官を頼まずに簡単に行うことがほとんどです。
上棟式は元来読んで字のごとく、木造建物の建設工程において、棟木をあげるときに行う儀式です。
鉄骨構造やRC構造の建物が増えた現在、上棟式を行うタイミングも異なり、鉄骨構造ならまだしもRC構造では棟木をあげる作業に該当する工程がないために、上棟式は形式上のものになっていることも多いです。
実際、最近では上棟式を単に職人さんの労をねぎらうための儀式と捉え、地鎮祭以上に割愛する施主の方が増えているようです。
しかし本来は、古来の日本の伝統的在来木造工法において「構造材が完成したこと」つまり「危険な作業を無事に完了することができたこと」に対して神様、職人さんに感謝の念を表すことが目的の上棟式。
それを省略するのはどうなのでしょうか。
職人さんと共に食事をとったりコミュニケーションをとったりすることで、人間関係が深まり、より自分の家に対する愛着がでるのではないでしょうか。
自分の大切な家をつくってくれている人の顔がわかる、自分が誰のために仕事をしているのかわかる、というのは信頼関係を築く上でとても大切です。
お金がかかり面倒だからといって敬遠せず、たとえお金はかけずとも形はどんなものであれ、このような機会をもちたいものです。

 

式次第

正式に行う場合の一般的なものを紹介します。
地域の習慣により、多少違いがあります。

1.手水の儀

入口に用意された手水桶(ちょうずおけ)から柄杓で水を注ぎ、手を洗い、 口をすすぎ、白紙で手をふきます。住宅の場合省略されることがほとんどです。

2.神前拝礼

神前に向かい斎主に合わせ一拝します。

3.修祓

参列者を祓い清めます。

4.降神之儀

神さまを神籬にお招きします。

5.献饌

神さまのお食事となる神饌(しんせん)をお供えします。

6.祝詞奏上

神さまにお祈りの言葉を申し上げます。神様の御神威を頂き、本日のご祈願を神様にお伝えし、お願い致します。

7.散供(さんく)

永久に災禍がないように、土地の神さまへのお供え物として米などを打ちまきます。

8.四方祓(しほうばらえ)

敷地の四方を鬼門(きもん)から祓い清めます。
斎主が、米・塩・幣帛(みてぐら)を神様に供え、災いをなさぬよう鎮めてもらいます。

9.曳綱(ひきつな)

棟木を棟に上げます。

10.槌打(つちうち)の儀

「千歳棟(せんざいとう)、万歳棟(まんざいとう)、永永棟(えいえいとう)」という威勢のよい掛け声とともに棟木を棟に打ち固めます。

11.玉串奉奠

改めて神様に玉串を奉って拝礼し、ご祈願します。
神職および参列者一同が玉串(たまぐし)をお供えして拝礼します。
玉串は、榊の枝に紙垂を結んだもので、神さまの御霊(みたま)と参拝者の魂を結ぶものとされています。

12.撤 饌

神様に差し上げたご神饌をおさげ致します。お食事をおさげします。

13.昇神の儀

神様に元津宮へお帰り頂く為の祝詞を、斎主が微音にて奏上致します。
お招きした神さまたちをお送りして祭儀は終了します。

14.神酒拝載

15.神職退下

16.直会(なおらい)

祭儀の後に「直会」が開かれ、建主は工事関係者にご祝儀を渡し、労をねぎらいます。

 

上棟式にかかる費用

ご祝儀(頭や棟梁、工務店責任者、設計者など):1〜2万円
ご祝儀(各職方):5千〜1万円
御神酒、米、塩、山の幸、海の幸などの神饌物:1〜2万円
折り詰め類:一人当たり5千円程度
つまみや酒肴:2〜3万円

以上を合計すると、出席者が20人前後で総額20万〜25万円程度です。
また、神官を呼んで 正式な上棟式をする場合は神官へのお礼も必要となります。

 
広告