家づくりの知識
家づくりの知識
家づくりの知識 > 建物諸知識 > 建築と保険

建築と保険

様々な保険を下記に記載します。
目   次

建築と保険

建築工事は、事故と背中合わせで、危険がいっぱいであります。
建築作業員の転落事故や、隣地及び通行人等第三者に与える事故、また、台風や大雨、落雷による火災等予期せぬことで、大きな被害を被ります。
又、最近は、材料の盗難等様々なリスクを抱えています。
この様な問題に対して、工務店任せにせず、建築主自身で確りとした対策を立てえおきましょう。
工務店に於いても、10年保障等に対する説明やどの様な保険を掛け、どの様な被害に対して対応しているか、また、費用はいくらか等確りと、建築主に説明しましょう。

 

設計段階において

設計監理保険

この保険は、設計事務所等が、設計ミスや監理ミスを起こした時に対応される保険です。設計事務所等が、年間工事高で契約しています。
保険金の支払い対象になるには、打ち合わせ議事録、写真等確かな資料と建築主及び設計事務所の押印が必要です。詳しくは、保険会社に問い合わせて下さい。
建築主にとって大切なことは、設計監理保険等を掛けている、設計監理に対して、リスク対策を真剣に考えている事務所を選択すると言うことです。

 

工事段階において

工事の10年保障に対する保険

工務店が、掛ける事が出来る保険です。保険料は対象建築物の工事請負金額によって決定されます。
基礎の検査や、中間検査、完了検査があります。
書類作成や提出が必要なため、嫌がる業者がありますが、保険を掛けるように進言しましょう。

建築物に対する保険

火災・落雷・台風等自然災害と通行人や隣地家屋等に与えた人災とに対する保険です。
建築主個人でも監理する設計事務所での加入できますが、大概は工務店が加入します。
注意することは、工事物件ごとに保険を掛けることです。

労災に対する保険

工務店は公的労災保険の加入を義務付けられています。
加えて任意保険への加入をして置きましょう。

 
広告