家づくりの知識
家づくりの知識
家づくりの知識 > 建物諸知識 > キッチン

キッチン

毎日大活躍する場所。だからこそこだわりたい。
目   次

キッチン

家作り、設備決めのなかでも、とりわけ希望や悩みの多いキッチン。
新しい家に住まうときには、誰しも楽しい団欒の場としてのキッチンやリビングを想像するでしょう。
キッチンはデザインだけでなく、十分な機能性、メンテナンス性能等を要求される、選択の難しい設備です。
専門メーカー、住設総合メーカーなど多数のメーカーが新製品・新機能を競っています。
デザイン・収納などの機能性・選択できる器具オプション、などで差異化をはかっていますが、端的にいうと各メーカー大差ないといえるでしょう。
つまり、購入者がどこにこだわるかが重要になってくるのです。
正しい基礎知識を吸収してから、自分達がキッチンに求めるものを考えてみてはいかがでしょうか。

※建材を探す →  「給排水衛生設備」キッチン
 

空間の形態

キッチン空間の形態はダイニング空間とのつながり方によって、次の三種類に分けることができます

オープンキッチン

ダイニングに対して開かれて設けられているキッチン。
長所
配膳への動線が短く、作業能率が高いです。
場に一体感があり、コミュニケーションがとりやすいです。
乳幼児やお年寄りに目が行き届き安全です。
短所
家族や客人に対し、キッチンの内部がすべて見えてしまうので整理整頓が欠かせません。
煙やにおいが部屋全体にまわってしまい、換気を怠ると室内環境の悪化を招きます。

セミオープンキッチン

ドアや垂壁などで一部をしきりながらも、オープンキッチンの性格を反映させたキッチン。
長所
キッチンがある程度隠れる為、散らかっていてもあまり気になりません。
短所
キッチンの状態が完全にシャットアウト出来ず、臭いが気になることがあります。

クローズトキッチン

長所
キッチンにおいて発生する音やにおい、煙などをキッチン内で完結させることができます。
視線がキッチンへといく心配がありません。
短所
ダイニングとの動線が長く、配膳や片付けの手間がかかります。
コミュニケーションがとりにくいです。
乳幼児や老人への目が届きにくいです。

 

レイアウト型式

キッチンのレイアウトは一般に以下のような種類に分けることができます。
家族構成や生活スタイルによって自分に一番あったものを選択してください。

キッチンセットを直線に並べたもっともベーシックかつシンプルなプランです。
動線は単純な直線で使いやすいのですが、あまり直線が長くなると使いにくくなってしまいます。

省スペースかつ作業面積・収納が十分にとれる機能的なプランです。
振り向くという動作が必要ですが、効率的な作業が可能になります。
L型
十分な作業スペースも確保しながらも収納スペースをとりたいとき、キッチンを壁に沿ってまげて配置するプランです。
比較的単純かつ短い動線で効率的な作業ができます。
コーナー部をデッドスペースにしないように注意しなければなりません。
オープンなキッチンにむいたキッチンといえます。
U型
動線が短いため、少ない移動でとても効率的に作業ができます。
一般的にはそれなりのスペースが必要ですが、比較的狭いスペースでも設けることは可能です。
片袖のシンクの前にカウンターを据えると、対面式キッチンとなり、コミュニケーションがはかれます。

アイランド型

壁から離してコンロやシンク(アイランド)を設けたプランです。比較的広いスペースが必要です。
料理教室や食事会などわいわい楽しく料理をすることができるでしょう。
アイランドをテーブルと一体化するといったこともできます。

ペニンシュラ型

U型、L型の片袖が半島のように突き出したプランです。
突き出した半島の内側にはシンク、外側にはカウンターを据え、対面式キッチンとします。

 

キッチン収納

キッチン選びにおいて収納を重視する方は多いのではないでしょうか。
大きな容量があり、入れること・取り出すことが容易であることが収納の基本となります。
近年のキッチンビルトイン人気のダントツ一位は引き出し収納です。
そもそも箱物家具の床に接する部分は台輪といい、一般的には使っていませんでした。
しかし最近ではその台輪部分の利用も含め、下部の収納は従来からの扉タイプのものから引き出しタイプのものへと移っています。
キッチンの下や奥まで無駄なくスペースを活用できるのが人気の理由のようです。
なにより自分の家族構成、ライフスタイルや体格を考え、実際ショールームにいって触れてみることをお勧めします。
大きくて便利そうな引き出しも、実際に中に物を入れると重くて動かすのがつらかった、となっては困りますからね。
また、ちょっと見落とされがちな収納の手入れの容易さは、各メーカー製品によって大きな違いがあるようなので、ショールームできくなどして、よく調べてみることをお勧めします。

キッチンのお手入れについて

最近のキッチンやビルトイン機器選びの評価基準のひとつに手入れの容易さがあります。
他の機能性と比較すると、メーカーごとに差異があるようです。
また、フードの油処理やシンクの排水溝など、日々の掃除が必要な箇所は構造や材質に違いがあり、お手入れ方法がそれぞれ違うので、選択の際には要チェックです。
ビルトイン機器では、キッチンパネルやガラストップコンロが手入れが容易なため人気です。
会社・製品ごとに差があるので、ショールームなどで確認してみてください。

 
広告